個人的な意見として、東京の住宅に太陽光発電のパネルをつけるのは、すごく不向きな住宅も多々あると思います。それは住宅が密集していたり、高い建物や坂が多いなどが挙げられます。住宅が密集していたら、それだけ時間帯により影になる時間が多かったり、建てたときの方角が悪かったりします。また高い建物が多ければこれまた太陽光を遮られてしまうので、十分な発電が期待出来ません。さらに下り坂にある住宅は、他の高い位置にある住宅に比べ日照時間が減るイメージがあります。地方の住宅は東京のように密集してはいないし、坂道も少ないです。また高い建物自体が少ないので、どの家庭も比較的日照時間が十分あり、建物自体も大きめなので太陽光発電のパネルを付けるスペースが十分にあります。東京は土地が高いし、土地自体があまりないためどの住宅も手狭なイメージがあります。だから太陽光発電には不向きな立地ではないかなと思います。

東京で見た太陽光発電

今年、富山県で積雪による断切である村の一帯の出来供給が数日間止まってしまうという出来事がありました。その中の一件の御宅のインタビューで、ある高齢の女性宅では、ガスによる火事が起こらないようにという配慮から家全体をオール電化にしていたそうです。最近ではそういった家は多いと思いますが、このような自然災害が起こった時に真っ先に影響が出るのは、実は電気なのではないかと思いました。とはいえ、やはり電気代はガス代よりも安価で家計に優しく、なにより使い勝手がいい為、なかなか手放せません。しかし、それに頼ってばかりではいけないので、太陽光発電などは良いてなのではないかと思いました。東京にいた頃によく見たのですが、太陽光パネルを屋根に付ければ、自分の家の電気はもちろん、多いときは販売もできるので、何かあった時のための保証にもなるのかなと思いました。

東京など都市部での太陽光発電について

現在、東京などの都市部の住宅地でも太陽光発電が盛んに行われるようになりました。今回はそんな太陽光発電のメリットについてご紹介させていただきます。やはり自家発電ですので1番のメリットは、日々の電気代を抑えることができるということです。また昼間太陽光で発電し、余った分は国の制度で買い取ってくれるというものがあります。その日の日照条件などにもよりますが、月でみると大きく電気代を節約できます。そして太陽光の発電は再生可能エネルギーです。地球の温暖化などの原因となる二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーで、環境保全にも貢献できます。その為、最近では設置のための初期費用などを自治体が補助してくれるシステムもできています。これから設置を考えている方も是非お住まいのエリアの設置補助金制度を調べてみることをおすすめします。この機会に太陽光発電の導入をしてみてはいかがでしょうか。

Leave your Comment

*